【海外旅行】おすすめのかさばらないパジャマをFoo Tokyoで

2024.02.06

シルクパジャマで上質な睡眠を。シルクの効果やおすすめのアイテム、洗濯方法を紹介

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためにはまず睡眠に適切なナイトウェアの選択が重要です。 シルク100%で作られたシルクパジャマは、ナイトウェ...

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためには...

「1週間ほど海外旅行することになったけれど、持っていく荷物ができるだけかさばらないようにしたい」「パジャマはホテルに備え付けのものでもいいのかな?」

楽しみな海外旅行で、持っていく荷物をどうするか悩んでしまうことは、避けられない問題です。日中外で過ごすことが多い旅先において、パジャマの優先順位が低くなってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では、Foo Tokyo発のかさばらないおすすめのパジャマをご紹介します。最後まで読むことで、海外旅行でかさばらないパジャマを選べるようになるので、ぜひ参考にしてください。

海外旅行でかさばらないためにパジャマを持っていかないのはあり?

パジャマを着た男女

海外旅行において、持っていく荷物がかさばらないようにするため、パジャマを持って行かないかどうか悩む方もいらっしゃるでしょう。

結論としては、パジャマは持って行った方が安心するアイテムになります。

客室にパジャマを用意しているホテルもありますが、必ずしもあるとは限りません。

ホテル内を終始個室で過ごすのであれば、最悪パジャマが無くても過ごせるでしょう。しかし、旅先ではホテルの外を散歩したり食堂へ移動したりする場面もあるため、パジャマなどの部屋着はあったほうが無難です。

2024.06.14

【高級パジャマ】はどのブランドがいい? レディースにおすすめ&人気アイテムを紹介

着心地の良いパジャマやルームウェアを身につけると、心身がリラックスして、翌日を快適に迎えることができます。 質が良い生地で仕立てられたパジャマ・ルームウェアは、室内着としての機能性の他にも抜群の...

着心地の良いパジャマやルームウェアを身につけると、心身がリラックスして、翌日を快適に迎えること...

【Foo Tokyo】海外旅行でもかさばらないおすすめのパジャマ5選

ここでは、海外旅行でもかさばらないおすすめのパジャマを、人気ブランドFoo Tokyoより5点ご紹介します。

Foo Tokyoは、「ただいま」から「いってきます」の間にある、やすらぎのおうち時間をデザインするラグジュアリーライフスタイルブランドです。“The luxury of doing nothing(なにもしないという贅沢)”をテーマに、“なにもしない時間を過ごすことへの肯定”をブランドステートメントとして掲げています。

Foo Tokyoのシルクパジャマは近年、TVドラマ衣装としての採用・有名雑誌掲載・伊勢丹新宿店、銀座三越本館などの有名百貨店で取り扱われており、全国的にも高く評価されています。

さまざまな場面に対応した服を取り揃えているFoo Tokyoのパジャマをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

【セットアップ】シルクパジャマ エレガントネイビー

【セットアップ】シルクパジャマ エレガントネイビー

こちらのパジャマは、世界最高峰の「6A/5Aランク」のシルク100%を使用し、日本人職人によって繊細に仕立てられています。

シルク生地の美しさを引き立たせているのは、選び抜かれた工場での高度な染め上げ技術です。その技術によって生み出された、紺よりもさらに濃い藍色のパジャマをひとたび身に着ければ、旅の疲れを癒し深い眠りへと誘うでしょう。

【セットアップ】ロイヤル オーガニックコットン ダブルボタン パジャマ コバルトブルー

【セットアップ】ロイヤル オーガニックコットン ダブルボタン パジャマ コバルトブルー

こちらは、フォーマルとカジュアルを両立したダブルボタンのコットンパジャマです。パジャマとしては珍しいダブルボタンを採用することで、エレガントな見た目を実現しています。

希少な「DGHコットン」を使用しており、シルクのような艶感となめらかな肌触りが特徴です。「シルケット加工」を施すことで、パジャマとしての肌触りをワンランク上のものにしています。

しっかりした見た目である反面、パジャマとして申し分のないリラックスとした着心地です。

【セットアップ】和紙カノコ バイカラーポロシャツ&ハーフパンツ ブルー

【セットアップ】和紙カノコ バイカラーポロシャツ&ハーフパンツ ブルー

こちらは、和紙布を使った軽やかなワンマイルウェアです。パジャマとしてのリラックス感を残しながらも、スポーツウェアのようなスタイリッシュなシルエットとなっています。

使用されている和紙布には、「消臭効果」「紫外線カット効果」「調湿効果」が備わっており、それらをワンマイルウェアへと落とし込んだパジャマです。

通気性に優れ、肌への接地面が少ない「鹿の子編み」が採用されています。客室の外でも着られるこちらのパジャマは、旅先の疲れを癒すとともに見た目の満足度を高めてくれるでしょう。

【セットアップ】 ロイヤル オーガニック コットン Tシャツ & ワイドパンツ グレージュ

【セットアップ】 ロイヤル オーガニック コットン Tシャツ & ワイドパンツ グレージュ

世界指折りの素材と技術により仕立てた、エレガントなデザインのルームウェアです。その仕上がりの良さから、Foo Tokyoがたどり着いたルームウェアの完成系とまで言われるほどとなっています。

襟元には共布バイアスパイピングを施しており、首元の不快感を軽減することが可能です。

ボトムス・トップスともに、希少なロイヤルオーガニックコットンを使用しています。梨地編みを採用することで、上品なドレープ感と引き締まったエレガントさの両立を実現。

ロイヤル オーガニックコットン フレアワンピース グレージュ

ロイヤル オーガニックコットン フレアワンピース グレージュ

こちらは、希少なロイヤルオーガニックコットンを惜しげ無く使用した、フレアワンピースです。梨地織りで仕上げることで、「リラクゼーション」と「凛とした美しさ」を両立しています。

希少な「DGHコットン」は、シルクのように柔らかく、さらりと心地よさがあるため、リラックスウェアにふさわしい素材です。

上質で肌摩擦が気にならない肌触りとなっており、ゆったりとしたワンピースは客室でのリラックス効果を高めてくれるでしょう。

海外旅行でもかさばらないパジャマの選び方

パジャマを着た女性

ここでは、海外旅行でもかさばらないパジャマの選び方についてご紹介します。

できるだけ持っていく荷物を少なくしたい海外旅行において、パジャマのスペースはできるだけ抑えたいところ。以下の点に注意して、パジャマを選んでみましょう。

  • かさばらない素材で選ぶ
  • 着心地のいいものでホームシックを予防
  • パジャマは写真映えするアイテムにもなる
  • 海外の気候に合わせて選ぶ

かさばらない素材で選ぶ

海外旅行では、お土産などを大量に買う方も多いでしょう。加えて1週間などの長期旅行となると、着用する服も多くなってきます。

できるだけ持っていくバッグ類に余裕を持たせるため、かさばらない素材のパジャマを選びましょう。

たたんで持っていくこと前提であるため、小さくたたみやすいガーゼ生地がおすすめです。重量を気にするのであれば、シルク生地のものを選びましょう。

着心地の良いものでホームシックを予防

海外旅行となると、ホームシックとなる場合も考えられます。旅先は何かと疲れるため、着心地のいいもので安眠の手助けをしましょう。

気合を入れて新調したものを持って行っても、使い慣れていなければ余計に疲れてしまうこともあります。着心地の良さに加え、着慣れたものであるとよりリラックス効果が高まるのでおすすめです。

パジャマは写真映えするアイテムにもなる

旅先であれば、客室内でも写真を撮る機会が出てくるでしょう。そんな状況で油断した格好でいると、写真を見返したとき後悔する原因となってしまいます。

ホテルでは他の客と出くわす通路を通ることもあるため、見られても大丈夫なパジャマを選びましょう。写真映えすると、旅行の楽しさは倍増です。

海外の気候に合わせて選ぶ

海外など慣れない地域の気候が、自分に合うかどうかは検討が付きません。ホテルによっては、部屋の空調が上手く調整できないこともあるでしょう。

そこで、パジャマの選択に失敗してしまうと、休めるはずのホテル時間が悲惨なことになってしまいます。できるだけ事前に旅行先の気候をリサーチして、適切なパジャマを持っていけるようにしましょう。

2024.02.06

シルクパジャマで上質な睡眠を。シルクの効果やおすすめのアイテム、洗濯方法を紹介

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためにはまず睡眠に適切なナイトウェアの選択が重要です。 シルク100%で作られたシルクパジャマは、ナイトウェ...

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためには...

海外旅行でパジャマを持って行ってもかさばらないようにできる工夫

飛行機

ここでは、海外旅行でパジャマを持って行っても、かさばらないようにできる工夫をご紹介します。

旅行先の洗濯機を活用する

旅行先の洗濯機を活用すると、持っていくパジャマの枚数を減らせるのでおすすめです。洗濯方法のメリットとデメリットは、以下の3つになります。

方法

メリット

デメリット

ホテルの

ランドリーサービス

  • 仕上がりが綺麗
  • 時間短縮
  • 洗濯の手間が省ける
  • 高額
  • ホテルによってはサービス自体ないことがある

ホテル周辺の

コインランドリー

  • 一度で大量選択できる
  • ホテルのランドリーサービスを利用するより安価
  • ホテルから出なくてはいけなくなる
  • 洗濯終了までの時間を拘束されてしまう

ホテルの

個室で手洗い

  • 安価
  • 自室内で完結できる
  • 時間がかかる
  • 洗濯道具を持っていく必要がある

荷物を減らす選択肢として、旅行先での洗濯は有効です。自分の旅行計画に合わせた方法を活用しましょう。

ホテルに備え付けのパジャマを活用する

持っていくパジャマを着まわせない場合は、ホテルに備え付けのパジャマを活用するのも1つの手段です。

ホテルの客室にはパジャマが付いていることが多く、パジャマをうっかり忘れてしまっても使えます。パジャマの洗濯や乾燥が終わらない場合や、持っていく枚数を抑えたい場合は活用してもいいでしょう。

ホテルによっては、パジャマを備え付けないこともあるため、事前の確認が必要です。

2023.04.25

【2024年】彼女に着てほしいと思うパジャマ・ルームウェア5選【ペアでも着られる】

この記事では、男性が彼女に着てほしいと思っている、おすすめのパジャマやルームウェアを厳選して紹介します。 彼女に着てほしいパジャマってどんなデザイン、素材? 外に出かけるのも良いけれど、自宅で映...

この記事では、男性が彼女に着てほしいと思っている、おすすめのパジャマやルームウェアを厳選して紹...

旅行でパジャマを持っていくのはおすすめ|かさばらないよう工夫しよう

パジャマでベッドの上

滞在期間が長期になると、持っていく荷物に悩んでしまいます。できるだけ少なくしようとして、本当に必要なものを忘れてしまっては、後悔が残る旅行となってしまうでしょう。

パジャマは、ホテルによって備え付けてありますが、旅先の疲れを癒す重要なアイテムなため、持っていくのがおすすめです。できるだけかさばらないよう素材や、シルエットに注意しながらパジャマを選びましょう。

2023.04.04

悩みがちなパジャマ・ルームウェアの洗濯頻度や方法を解説

家でくつろぐ時間を最大限リラックスしたいのであれば、着心地の良い上質なルームウェア・パジャマを選ぶだけでなく、ルームウェア・パジャマを日頃からしっかりケアすることも大切です。 お気に入りのルーム...

家でくつろぐ時間を最大限リラックスしたいのであれば、着心地の良い上質なルームウェア・パジャマを...

Foo Tokyo(フートウキョウ)

おうち時間をデザインするライフスタイルブランドとして2017年に誕生しました。“The luxury of doing nothing.(なにもしない贅沢)”をテーマに、“なにもしない時間を取ることの自己肯定”をブランドメッセージにしています。上質なパジャマ・ルームウェア、ホーム雑貨を展開しており、ギフトとしても人気です。空想に浸りたくなるようなリラックスタイムをお約束します。

2024.02.06

シルクパジャマで上質な睡眠を。シルクの効果やおすすめのアイテム、洗濯方法を紹介

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためにはまず睡眠に適切なナイトウェアの選択が重要です。 シルク100%で作られたシルクパジャマは、ナイトウェ...

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためには...