寝室のインテリアは快適さとおしゃれ感が大切!おすすめ商品も紹介

2024.02.06

シルクパジャマで上質な睡眠を。シルクの効果やおすすめのアイテム、洗濯方法を紹介

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためにはまず睡眠に適切なナイトウェアの選択が重要です。 シルク100%で作られたシルクパジャマは、ナイトウェ...

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためには...

夜はぐっすり眠りその日の疲れを取ることが大切です。
質のよい睡眠を取ることは健康にも美容にもメリットがあります。

そのためには寝室のインテリアをはじめ、睡眠環境を整えることが重要です。

質のよい睡眠を取るための環境やインテリアのポイントについて解説します。
熟睡するために役立つおすすめのインテリアやアイテムも紹介しましょう。

熟睡できる寝室にするためのインテリア選びのコツ

ピロー

睡眠時間は十分取っているはずなのに朝起きるのがつらいということや、寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまう、などといった悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

ぐっすり眠ることは美容にとっても大切なことです。熟睡できないと感じているなら、睡眠環境を見直してみましょう。寝室のインテリア選びのポイントを紹介します。

寝室のインテリアは落ち着いた色で統一する

寝付きをよくするには、自律神経の一つである副交感神経を優位にする必要があります。

寝室の色が赤や黒、ビビッドな紫などを選ぶと、交感神経が優位になり、神経がリラックスしにくく寝付きが悪くなることがあります。

リラックスして副交感神経を優位にするには、緑や茶、ベージュなど落ち着いた色を選びましょう。

また、青には興奮した神経を鎮める働きがあると言われ、気持ちが落ち着くことから血圧が下がる効果も期待できるとされています。

仕事で嫌な事があったり、イライラしたりすることが多い場合は、寝室に青を使うのもおすすめです。清潔感がありさわやかな印象にもなります。

白い壁にスカイブルーは清涼感があり、快適に過ごせるでしょう。グレーと青の組み合わせもオシャレです。ただしグレーを使いすぎると落ち着きすぎて暗い印象になってしまうのでバランスを考えた配色にしましょう。

ネイビーとベージュも素敵です。落ち着いた大人の寝室になるでしょう。緑は癒し効果が高いと言われる色です。目にもよいとされ、目の疲れを癒してくれるでしょう。

明るめの緑は温かみがあり、渋い緑は全体に落ち着いた雰囲気になります。個性を出したいなら、エメラルドグリーンもおすすめです。

女性らしいやわらかな寝室になるでしょう。緑はピンクとも相性がよいので、組み合わせて使うのもおすすめです。

茶色には精神を落ち着かせ、高ぶった感情を鎮めるパワーがあると言われています。大地の色である茶色を見ると不思議と気持ちが落ち着く、という人も少なくないでしょう。

茶色は安心感を与え、緊張をほぐしてリラックスさせてくれるのです。ベッドカバーや枕カバーなど使うのもよいのですが、木製のベッドや家具、インテリアなどに取り入れやすいのもメリット。

他の色を組み合わせしやすいのも便利です。

落ち着いた色だからといって、さまざまな色を多用すると落ち着かない印象になります。オシャレな寝室にするためにも2色をメインとして色を選ぶようにしましょう。

反対に寝室に向かない色は目が覚めてしまうようなビビッドカラーです。

特に赤は心拍数を上げ、興奮しやすい色の代表です。

リラックスできない可能性があるので避けた方がよいでしょう。ただしアクセントとして使うのはおすすめです。

リラックスできる照明を選ぶ

寝室の照明があまりにも明るいと目が冴えてしまいます。寝付きをよくするには、リラックスできる明るさであることが大切です。寝室の明るさは500ルクス以下にしましょう。

照明を消した方が睡眠の質が上がると言われていますが、真っ暗にすると不安になる人はかえって睡眠の質を下げてしまうので、間接照明など優しい明るさの照明や小さな明かりを点けて寝るとよいでしょう。

照明のデザインも電球が見えないものや壁や天井に光が反射するような照明を選ぶのがおすすめです。リラックスできると同時に、オシャレな空間づくりができます。

光の角度を調節できるスポットライトなどを取り付けるとさまざまな楽しみ方ができます。

素敵な絵や写真などを照らせばオシャレな空間になるでしょう。また空間に立体感を出せるフロアライトも素敵な寝室づくりにはおすすめです。

寝る前に読書をしたいというときにおすすめなのがテーブルライトです。明るすぎる照明は睡眠を妨げてしまいますが、テーブルライトは光が優しく、リラックスできる明るさです。

明るさを調節できるものを選ぶと、用途に合わせて使い分けができるので便利です。

寝室が狭い場合はインテリア全体を低くする

リビングなどと比べると寝室は狭くなることが多いでしょう。快適に過ごすためには狭さを感じさせない家具選びや配置が必要です。

一つはインテリア全体を低いものでそろえること。

ベッドはローベッドに、キャビネットやテレビボードなどの家具も背の低いものを選ぶことで開放感が出ます。タンスなどをコンパクトにするためにも、収納付きベッドなどを選ぶのもおすすめです。その場合は引き出しが取り出せるスペースを確保することも忘れずに。

フレームの大きなベッドは圧迫感があり部屋を狭く見せてしまいがちです。

狭い部屋にはヘッドレスタイプがおすすめです。また、マットレスと一体化しているタイプのベッドなら、レイアウトもしやすいでしょう。

部屋が狭くなるからと小さいベッドにして寝心地が悪くなるのは避けたいものです。コンパクトでも寝心地のよいものを選ぶことが大切です。

シーツの交換などがしにくくなると、シーツ交換が面倒になり不衛生になってしまうことも。ベッドの両サイドは人が入れるくらいの隙間を空けて配置をしましょう。

6畳などの寝室は家具やインテリアなどもたくさんは置けないものです。そこで壁を利用するのもおすすめです。

一つはウォールシェルフです。コンパクトな植物を飾ってみたり、タブレットやメガネなどを置いたりすることができるので、サードテーブルの代わりになります。

寝室のアクセントにもなるラグマットで足元を温める

オシャレな寝室にはラグマットが敷かれていることも多いものです。部屋のアクセントにもなるラグマットは保温性が高く、足元を温めるメリットもあります。

冷たい空気は下に流れるため、ローベッドなどは冷えを感じやすいことがあります。体が冷えれば眠りも浅くなってしまいます。ラブマットを敷くだけで冷えを防ぎ、睡眠を妨げないようにすることができるのです。

夏場など汗をかきやすい季節はフローリングの床がベタつくこともあるでしょう。ラグマットがあれば、ベタつきを防ぐことができ清潔です。

防音性を高めることができるのもラグマットのメリットです。

ナチュラル素材のインテリアを使った寝室でおしゃれに

木を使ったナチュラルな素材は癒し効果が期待できます。木の温もりは気持ちを穏やかにしてくれるでしょう。

木製のベッドや家具、雑貨などをそろえると統一感のある寝室になると同時に癒しの空間ができあがります。

ヒノキやスギなど天然木を使ったベッドや家具は、木目のさまざまな表情が楽しめます。健康にもよい効果をもたらすと言われている無垢材の家具もおすすめ。

無垢材からは殺菌作用が期待できる成分が放出され、部屋の中で森林浴をしているような気分になれます。

ベッドやサイドテーブルなどに無垢材を取り入れることで、心地よい眠りをサポートしてくれるでしょう。

ベッドやテーブル、棚などは素材や色を合わせるのがおすすめです。統一感が出て、スッキリと整った印象の寝室になります。観葉植物など自然のものをインテリアとして置くのもおすすめです。

植物には癒しやリラックス効果があると言われています。癒し効果だけでなく、観葉植物には空気を清浄してくれる効果や、空気中の有害物質を吸収してくれる効果があると言われています。

観葉植物から発せられるマイナスイオンは、体の疲れを取ったり精神を鎮めてくれたりする作用が期待できます。空気を浄化する作用があるとされるアロエや、気分を落ち着けてくれるジャスミンなどの観葉植物を置いてみましょう。

特徴的な葉の形でオシャレな寝室にしてくれるモンステラもおすすめです。観葉植物を寝室に置く際に注意したいのは、衛生面です。

癒しを与えてくれる観葉植物ですが土の表面にカビやホコリが付着してしまうこともあります。

カビ対策としては寝室の風通しをよくすることと、陽の当たる場所に置くことです。水を与えすぎると枯れてしまうことがあるので、水は土が乾いてからあげるようにしましょう。

部屋のホコリは観葉植物の葉や枝に付着しやすいものです。濡れた布でやさしく拭き取ってあげるとよいでしょう。

葉を洗う専用の洗浄剤もあるので使ってみるとよいでしょう。ホコリをそのままにしておくと、健康に悪影響を与えます。

部屋の掃除をこまめにすると同時に植物も清潔に保ってあげることが大切です。

アロマの香りで寝付きをよくする

質のよい睡眠を取るために香りを利用するのもおすすめです。中でもアロマの香りにはリラックス効果があると言われています。

気持ちを落ち着かせ、緊張をほぐしてくれるアロマにはラベンダーやベルガモット、サンダルウッドなどがあります。

エッセンシャルオイルを枕などに垂らしたり、アロマディフューザーを利用したり手軽にできるのもメリットです。アロマの香りが心地よい眠りをサポートしてくれるでしょう。

電気や火を使わないリードディフューザーはインテリアとしてもおすすめです。リードスティックの本数によって香りの強さを調整できるのも便利です。

スプレータイプのルームフレグランスならシュッと一噴きするだけで心地よい香りが広がります。

快適に眠れる寝具やパジャマを選ぶ

寝具は寝返りしやすいものを選ぶことが大切です。ベッドのマットや敷き布団は柔らかすぎず、硬すぎないものを選びましょう。

掛け布団は季節に合わせた素材のものを選びましょう。保温効果が高く、熱がこもらない掛け布団を選ぶことです。

重い掛け布団は寝返りしにくいので軽くて保温性の高い羽毛素材などがおすすめです。

枕は横になったときにも立っているときと同じように、自然な姿勢を保って寝られることがポイントです。

枕は高すぎず低すぎず、楽に寝られるものを選びましょう。両わきが少し高くなっていると、横を向いたときも安定感があり安心して眠れます。

パジャマなどの寝間着は肌触りがよく、体が動かしやすいものがおすすめです。体を締め付けず、ゆったりとしたサイズのものを選ぶとよいでしょう。

また、吸汗性に優れ、汗をかいても快適に寝ていられるもの、さらに毎日洗っても型崩れしないなど、お手入れがしやすいものがおすすめです。

おすすめの素材は綿やシルク、麻です。

綿素材は吸湿・吸水性に優れ、手入れが簡単。シルクは人の肌に近い成分が主成分なので肌なじみがよく、心地よい肌触りが魅力です。

光沢のあるシルクは上品で優雅な気分になれるのもメリットでしょう。

麻素材は吸湿・吸水性だけでなく放湿性が高く、汗をかいてもサラサラしているのが特徴。夏におすすめの素材です。

2024.02.21

枕カバー(ピローケース)はシルク100%がおすすめ! 髪への効果やメリット・デメリットを解説

シルクが肌に良い素材ということは広く知られていますが、実は髪にも優しいということを知っていましたか? 枕カバーをシルクに替えると、寝ている間の摩擦ダメージから髪を守り、健康的な艶のある髪へと導い...

シルクが肌に良い素材ということは広く知られていますが、実は髪にも優しいということを知っていまし...

寝室のインテリアは風水を参考にするのもおすすめ

ベッドの上で抱擁カップル

悪い気を防ぎ、よい気が増えて運気が上がると言われている風水を寝室に取り入れるのもおすすめです。

仕事運や恋愛運などがよくなれば精神的にも落ち着くので、夜もぐっすり眠れるでしょう。

また風水を取り入れることは、快適な寝室環境にもつながります。風水を参考にして、ぐっすり眠れる寝室づくりを目指しましょう。

寝室のインテリアとして重要なカーテンを二重にする

寝室のカーテンはレースと組み合わせるなど、二重にしましょう。一重では良い運気が外に流れてしまいます。二重にすることで寒さ対策にもなりますね。

おすすめの色はグリーンやベージュです。よいエネルギーを放出する柄のあるカーテンもおすすめです。

ドレープカーテンを無地にして、レースカーテンに柄物にすれば落ち着きのあるオシャレな雰囲気になるでしょう。

オシャレなカーテンでも一日中閉めっぱなしにしておくと、気の流れが滞り悪い気が出ていくことなく、よい気も入りにくくなります。

起床時には窓とカーテンを開けて、新鮮な空気を部屋に取り込みましょう。

寝室のベッドの位置は北枕がおすすめ

ベッドのヘッドボードは壁にくっつけるように置きましょう。

壁からヘッドボードを離してしまうと、そこからよい気が流れてしまうためです。頭を北に向けるのは縁起が悪いと言われていますが、風水において北枕は吉とされています。気は北から南に流れます。

北枕にすることで気がスムーズに流れ、悪い気を流しよい気をもたらしてくれるでしょう。もしくは太陽が昇る東に頭を向けるのもおすすめです。太陽からエネルギーをもらい元気になれると言われています。

ベッドの配置はドアの直線上に頭が来ないようにすること注意しましょう。気が出入りするドアの直線上に頭があると、気がぶつかりスムーズな流れを防いでしまうのです。

ベッド下に収納があるとよい運気が衣類に溜まり、人間関係がよくなると言われています。ただし、ベッドの下や収納ボックスにホコリが溜まらないよう、常に清潔にしておくことが大切です。

寝室はインテリアとしてテーブルランプを置いて明るく

真っ暗な寝室はよくない気が強くなりやすく、その影響を受けてしまったり、エネルギーがうまく吸収できなかったりすることがあります。

それを避けるためにも、控え目な光を添えてくれるテーブルランプなどを置くとよいでしょう。布や木の素材を使ったライトはオシャレで暖かみのある雰囲気を作ってくれます。

寝室の照明は明るすぎると陽の気が強くなりすぎて、体調を崩してしまうことがあるので注意が必要です。

照明の真下に寝るのも陽の気が強く影響してしまう可能性があるので、ベッドの配置を変えるなどして、避けるようにしましょう。

寝室のカーテンと布団カバーのコーディネートをバランスよく

風水では柄物は陽の気が流れると考えます。カーテンや布団カバーの両方に柄物を持ってくると、部屋の気が乱れ精神的にも落ち着かなくなります。

カーテンを柄のついたものにするなら、布団カバーはシンプルにするなどバランスを考えたコーディネートにしましょう。

寝室はインテリアにこだわるとともにこまめに掃除をする

ホコリが溜まっていたり、物が散乱して片付いていなかったりする部屋で寝ていると、体調を崩しやすいだけでなく、よくない運気が溜まり運気も下がってしまいます。

気分的にも落ち着かずリラックスして眠ることができません。こまめに掃除をして清潔にすることは風水の基本です。掃除と整理整頓、さらに換気をして気の流れをよくしましょう。

枕カバーやシーツなどの寝具もこまめに洗濯をすることを心がけましょう。カーテンにもホコリがつくので、定期的に洗濯をして清潔にしておくことが運気アップにつながります。

寝室のNGインテリア

寝室のインテリアにも風水上NGなポイントがあるのでご紹介します。

寝室に鏡を置く

寝室に鏡を置くときには配置に注意しましょう。寝姿が見える位置に置くのはNGです。配置を変えることができない場合は、布などを掛けておきましょう。

人物のポスターやぬいぐるみ

人物のポスターやぬいぐるみは運気を乱すため、気分が落ち着かなくなると言われています。エネルギーを吸収されてしまうとも言われているので注意しましょう。

寝室に絵や写真を飾るなら、海や山のような自然を描いた風景画がおすすめです。温かみのある落ち着いた印象のものを選ぶとリラックスでき、質のよい睡眠が取れるでしょう。

タブレット端末やスマホを置く

寝室にタブレットやスマホを置いておく人も多いでしょう。しかし、電化製品は気の流れを乱し、運気ダウンや体調不良などにつながるとされています。できるだけ寝室に電化製品を持ち込まないように注意しましょう。

どうしても必要なものは、頭や体から離れた場所に置くようにしましょう。寝室にテレビを置くのも避けた方がよいとされています。テレビの画面が消えたときに、寝姿が映ってしまうとよい気を吸収してしまうからです。

また、テレビを置く場合は、寝ている姿が映らない位置に設置するようにしましょう。

ドライフラワーを置く

寝室に観葉植物や花を置くのは運気アップにつながりますが、ドライフラワーはNGです。ドライフラワーはすでに死んでしまった花なので、それを部屋に飾ると悪い気が集まってきてしまい、運気が下がってしまうのです。

風水から見たおすすめの観葉植物の一つはサンスベリアです。虎の尾のような縞模様が特徴で、天に向かって勢いよく伸びる観葉植物です。仕事運アップが期待できます。

その他の植物では、空気をキレイにしてくれるポトスは金運アップにつながるといわれ、モンステラは恋愛運や結婚運、金運アップにつながると言われています。

枯れてしまった植物や花をいつまでも飾っておくと、悪い気が強くなり運気ダウンに。生の花は手入れが面倒なこともあるでしょう。その点観葉植物は水やりの手間も少なくてすみ、手入れが楽です。

日光が当たらない場所でも元気に育ってくれる種類が多いので、寝室にはピッタリのインテリアと言えるでしょう。

2023.09.02

おしゃれなフラワーベースで素敵な空間を演出、おすすめの花瓶も紹介

花々の美しさが心を和ませ、インテリアに彩りを加えるフラワーベースは、素敵な空間を演出する魅力的なアイテムです。 一見さりげない存在のフラワーベースですが、その選び方やデザイン、配置によって部屋の...

花々の美しさが心を和ませ、インテリアに彩りを加えるフラワーベースは、素敵な空間を演出する魅力的...

快適に眠れる寝室づくりに役立つおすすめインテリアとアイテム

窓隣のキャンドル

オシャレな寝室にするにはインテリアの選び方が重要です。

おすすめのインテリアと快適な寝室づくりに役立つアイテムを紹介しましょう。

癒し効果の高い桜の香りのルームフレグランス

kitchibeルームフレグランス

桜のやわらかな香りは心地よい眠りを誘い、快適な睡眠をサポートしてくれるでしょう。

大島桜の華やかな香りが、1日の疲れを癒してくれます。


和紙のナチュラルな風合いがオシャレなフレグランスキャンドル

浴槽の隣に置いているキャンドル

和紙の自然な風合いとやわらかな雰囲気がオシャレなフレグランスキャンドルです。

炎は安定したサイズで煙も出にくいので、安心して使用できます。

kitchibe キャンドル

肌に優しく着心地抜群のシルクのパジャマ

自宅のベッドでシルクパジャマ姿のカップル

冬は暖かく、夏は涼しく着用できるシルクのパジャマ。

シルクの中でも天然シルク100%のパジャマは、滑らかで着心地のよさが魅力です。

縫い目にもこだわり、肌への負担を軽減した作りなので、敏感肌の人でも安心して着用できます。

FooTokyoのシルクパジャマ

快適な寝室でおしゃれなインテリアとコーディネートでぐっすり眠る

ベッドの上でストレッチ女性

質のよい睡眠は日々のストレスを解消し免疫力を高めると同時に、美肌効果やダイエット効果などさまざまなメリットをもたらすと言われています。

睡眠不足を続けていると体力もなくなり、病気になりがちです。肌もボロボロで精神的に不安定になることもあるでしょう。

そのような状態にならないためにも、毎日ぐっすり眠ることが大切です。深い睡眠を取るためには寝室の環境づくりに配慮が必要です。

風水などを活用しながら、寝室の雰囲気、カーテンや寝具の色、インテリアの選び方などに注意してリラックスできる寝室を作りましょう。

清潔で快適な空間とおしゃれなインテリアがそろった寝室なら深い眠りを得ることができ、翌朝はスッキリ気持ちよく目覚めることができるでしょう。

Foo Tokyo(フートウキョウ)

おうち時間をデザインするライフスタイルブランドとして2017年に誕生しました。“The luxury of doing nothing.(なにもしない贅沢)”をテーマに、“なにもしない時間を取ることの自己肯定”をブランドメッセージにしています。上質なパジャマ・ルームウェア、ホーム雑貨を展開しており、ギフトとしても人気です。空想に浸りたくなるようなリラックスタイムをお約束します。

2024.02.06

シルクパジャマで上質な睡眠を。シルクの効果やおすすめのアイテム、洗濯方法を紹介

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためにはまず睡眠に適切なナイトウェアの選択が重要です。 シルク100%で作られたシルクパジャマは、ナイトウェ...

日々のQOLを高めたり、健康的な身体になるためには、睡眠の質を向上させるのが近道。そのためには...